ワーキングホリデーで気をつけること

ワーキングホリデーの指南書マニュアル

MENU

ワーキングホリデーで注意すべき点

ワーキングホリデーを聞いたまま感じると働きながら留学ができる便利な留学方法だと思います。

 

しかしワーキングホリデーに参加するためには参加条件があります。

 

まず年齢が18歳から30歳と決まっています。

 

自分の年齢がそれ以上やそれ以下でもワーキングホリデーに参加をすることができません。

 

これは条約により定められているものなので仕方がありません。

 

そしてもう一つはワーキングホリデーで行ける国は決まっており、全部で11カ国です。

 

オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、イギリス、フランス、韓国、ドイツ、アイルランド、デンマーク、台湾、香港です。

 

それ以外の国ではワーキングホリデーを利用することはできないです。

 

ここまでの話をまとめると年齢制限があり11カ国の協定を結んだ地域ならば働きながら留学をすることができる。

 

と解釈をしてもらうといいかもしれません。

 

条件を満たしていない場合残念ながらワーキングホリデーを利用することはできませんのでご了承下さい。

 

デメリットが目立つ部分がありますが、条件を満たしていれば働きながら留学をすることができるのはとてもいい留学方法だと思います。

 

海外ではワーキングホリデー以外の留学ではほとんど働くことはできません。

 

なのでお金を少しでも稼いだり、海外の仕事を体験できるのはこの留学くらいしか無いと思ってもらってもいいと思います。

 

ワーキングホリデーを行う場合はしっかり条件を満たしているのか確認をすることを忘れずにしましょう。

 

イタリアの像